読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつのブログ

ようこそ!

ワーキングホリデーの準備

ワーキングホリデーに向けて絶賛準備中のまつです。

今の僕の心境としては不安がほとんどです。わら

 

これからワーキングホリデーを考えている方々も同じく不安を抱えていると思いましたので僕の持っている情報をシェアしたいと思います。

 

 

まず最初にやるべきこと

まずは説明会に参加した方がいいと思います。

https://www.jawhm.or.jp/seminar/seminar

ここで説明会の予約ができると思いますのでまずは話を聞くのが良いと思います。

 

実際、僕は説明会に参加していないのでよくわかりませんが。わら

僕は基本的にエージェントに頼らずに行くのでこういう説明会に参加するつもりはありません。

 

一人でやるのがかっこいいとか思ってないですからね!!!

 

ということで、今回は僕みたいな中2病の患者を対象として話すつもりです。わら

 

準備するべきもの

必ず必要となってくるもの

 

・ワーキングホリデービザ

・パスポート

・航空券

・宿

・お金

・クレジットカード

・海外保険

 

ワーキングホリデービザと航空券とパスポートは渡航の時に必要となるものなので間違いなく必要ですね。

ワーキングホリデービザとパスポートに関しては下に詳しく書いてあるのでそちらをご参照ください。

航空券はこちらをご参照ください。まだやっていないですがそんなに難しくないはず。

https://www.soratabi.com/travel-column/81

 

宿に関しては様々な種類があるので自分に合った宿探しをしましょう。

(ホームステイ、バックパッカーズホテル、シェアハウス、ユースホステル、WWOOF)

これらを検索の参考にしてください。

 

海外保険に関しては次の記事で書こうかと思います。

 

一番大切なお金とクレジットカード。

まず、クレジットカードはVISA,JCB,MasterCard,AmericanExpressなどがいいでしょう。

向こうについてから使えないことになったら大変ですからね。

 

次にお金について。

僕はオーストラリアに行くのでオーストラリアの場合の話です。($1=80円前後)

ざっくり計算した費用ですが、$1600/monthくらいです。

内訳を携帯($30)、宿($800)、食費($750)として計算しています。

学校に通う方はさらにひと月の費用が増えます。

 

渡航前の準備から1年間の費用の総額は平均して200万くらいみたいです。

結構かかりますね。ただここには現地での収入を入れていないので実際にはただマイナスというわけではないようです。

 

ちなみにオーストラリアの最低賃金は$17(手取りは$12くらい)

手取りだけでも単純計算で175万くらい。(12(時給)×38(週の就労時間)×4(4週間)×12(12カ月)×80(日本円))

最低賃金でこれなので賃金の高いところならばもう少し稼げると思います。

 

ワーキングホリデービザの取得

※オーストラリア用なのでご注意ください。

準備するもの

・クレジットカード

・パスポート

・メアド

 

ここのサイトが非常に参考になりますので見てください。

http://blog.aus-ryugaku.com/first-working-holiday-visa-application-guide/

 

当たり前ですが、全て英語なので苦手な方は上のサイトに日本語訳も書いてあるので参照しながら申請することをオススメします。

 

パスポートの取得

意外と発行まで時間がかかるので早めにやった方がいいです。(僕は2週間くらいかかりました。)

 

準備するもの

・一般旅券発給申請書(窓口にあると思いますが、印刷した方が確実です。)

・戸籍謄本

・住民票の写し

・写真(パスポート用)

・身分証明書(場合によっては2つ必要なのでご注意ください。運転免許証を持っていけば確実です。)

 

外務省のホームページに載っている通りにやれば問題ないです。

パスポートの申請から受領まで(初めてパスポートを申請するとき等の例) | 外務省

 

5年間有効のパスポートと10年間有効のパスポートがありますのでご自身の用途に合わせて申請してください。(20歳未満は5年間のパスポートしか作れません。)

 

まとめ

とりあえず大まかに自分の知っている情報を書いてみたのですがわからないことがあればtwitterでもいいので聞いてください。

https://twitter.com/tigers0366

現地に着いて本格的に活動を始めたらもっとリアルな記事を書いていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。

 

 

d4date.hatenablog.com